一般名:ob
系統名:B6.Cg-Lepob/J

マウス
JAX®Mice
Congenic
その他病態

The Jackson Laboratory から2003年F32で日本チャールス・リバー(現在のジャクソン・ラボラトリー・ジャパン)へ導入し、供給を開始しました。

ジャクソン・ラボラトリー・ジャパンから生産・供給されるJAX®Miceは、The Jackson LaboratoryのJAX®Miceです。遺伝学的に分岐した亜系統ではありません。

JAX®Mice B6.Cg-Lepob/J(JAX® Mice stock number:000632) のサイト

JAX Letter (February, 2014)

JAX™ MICE AND RESEARCH SERVICES PROVIDED THROUGH CHARLES RIVER

毛色:Black,fat遺伝子型(Lepob/Lepob)     Black,lean遺伝子型(?/+
H2:b
規格:5週齢~ 
*温度変化や輸送ストレスに対する抵抗力が弱く、動物が衰弱し、斃死する場合があります


系統の特徴

  • 肥満は4 週齢頃から確認でき、体重は急速に増加します。
  • 肥満に加え、過食 (Hyperphagia)、糖尿病様の高血糖、耐糖能の低下、高インスリン血症、妊娠能力の低下 (Subfertility)、創傷治癒能力の低下、下垂体および副腎由来ホルモンの分泌亢進、代謝低下 (Hypometabolic)、低体温症 (Hypothermic) 等が報告されています。
  • 肥満はAdipocyte の数およびサイズの増加で特徴づけられます。
  • 過食は肥満に影響しますが、Lean の体重維持量に摂餌制限しても、過剰な増体重および過剰な脂肪の付着が観察されます。
  • 高インスリン血症は体重が過剰に増加するまで発症しないため、肥満の結果高インスリン血症を発症すると考えられています。
  • 非常に若くまだ肥満していないマウスであっても、膵ランゲルハンス氏島からのインスリン分泌の刺激閾値は異常に低いと報告されています。
  • 高血糖は一過性で14 週齢から16 週齢で低下します。


生産方法

ホモ接合体(Lepob/Lepob)では通常雌雄とも不妊であるため、交配にはヘテロ接合体(Lepob/ +)を使用します。
表現型はfat(Lepob/ Lepob ), lean(Lepob / +, +/ + )の2 種類を現します。
毛色は両形質ともBlackです。
Lean では通常Lepob/ +, +/ + の識別が不可能なため、PCR による分析でヘテロ接合体(Lepob/ +)を得ています。
JAX® Mice生産システムについては、こちらをご参照ください。

製品情報一覧へ