一般名:DBA/1
系統名:DBA/1JNCrlj

マウス
Charles River
Inbred

1965年にThe Jackson LaboratoryよりHoffmanへ導入され、1967年にNIHへ導入されました。1988年に Charles River Laboratories, Inc. (米国)でSPF化後、同年F56で日本チャールス・リバー(現在のジャクソン・ラボラトリー・ジャパン)へ導入されました。

毛色:Dilute brown
H2:q
規格:3週齢~、RETIRE、RETIRE, S、PREG、LACT


系統の特徴

  • コラーゲン関節炎の誘導が容易(II型)
  • 心臓に石灰沈着が見られる
  • 繁殖使用後に乳癌高発

製品情報一覧へ