一般名:BALB/c
系統名:BALB/cAnNCrlCrlj

マウス
Charles River
Inbred

1932年にF26でMacdowellによりSnellへ導入、 1935年Andervontへ導入され、1951年に F72でNIHへ導入されました。その後Battell Memorial Inst.を経て、1974年F122でCharles River Laboratories, Inc.(米国)に導入後、1976年F144で日本チャールス・リバー(現在のジャクソン・ラボラトリー・ジャパン)へ導入されました。

毛色:Albino
H2:d
規格:3週齢~、RETIRE、RETIRE, S、PREG、LACT


系統の特徴

  • 網内系器官が大きい
  • 放射線感受性が高い
  • 老齢の心臓病変が多い
  • Th2側の免疫反応が高い
※ファイティングを起こし易く、尾に咬傷が観察されることがあります。

製品情報一覧へ