イベント

Event

JAX in Japanウェビナー2023 第1回開催のお知らせ
第1回開催 | 3月14日(火)14:00~15:00

ジャクソン・ラボラトリー・ジャパン株式会社は、大変好評をいただいておりますウェビナーについて、3年目となる2023年度も引き続き開催することを決定いたしました。
本年度の初回となります今回、筑波大学の久野 朗広 先生をおむかえし、実験動物を取り扱う技術者や研究者、また動物に関わる業務に携わるお客様へ≪実験動物であるマウスのデータベース≫を中心にしたご講演を予定しております。
今回のご講演を通じて、一人でも多くのお客様に研究にご使用可能な情報の有効活用方法を知っていただき、またその内容についてのご理解を深めていただき、ご自身の日々の業務の中で活かしていただければ幸いです。
当日は、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

開催概要

日時:

  • 2023年3月14日(火)14:00~15:00

演題:

  • 主な実験マウスデータベースの最近の進展とその情報学的利用

講師:

  • 久野 朗広(くの あきひろ)先生
    筑波大学 解剖学発生学研究室
    助教

開催形式

  • Live配信

質疑応答

  • ご質問は、講演開始以降チャットでお送りいただけます。
  • 講演終了後の15分間ほどで、皆様から寄せられたご質問に講師よりお答えいただきます。

要旨

実験動物における3Rsを推進するためには既存のバイオリソースの活用が欠かせません。
とくにビッグデータの収集とその解析基盤の構築によるデータベースの開発・拡張は驚くべきスピードで進展しており、従来の実験用マウスそのものの共有のみならず、ゲノム情報から表現型情報にいたるまで各種の膨大なデータを容易に入手することが可能となりつつあります。
本講演ではMGI、IMPCを中心としたマウスデータベースにおける最近の進展と、それらデータベースを用いて生物学的仮説を構築する情報科学的利用について紹介します。

 

ご視聴方法

  • リニューアルオープンしたウェビナー会場内でご視聴いただけます。
  • ウェビナー会場URLは、以前のバーチャル3D展示会のURLではございませんのでご注意ください。
  • 前日までにウェビナー会場へご登録ください。
  • IDならびにパスワードは忘れずに保管ください。
  • 以前バーチャル3D展示会へご来場いただいたお客様は、その時にご登録いただいておりますバーチャル3D展示会のID,パスワードでログインいただけますので、開催日前に一度ログインができることをご確認いただけますと幸いです。
  • 当日は、IDならびにパスワードにてウェビナー会場へご来場ください。
  • 動画視聴ページでは、開始30分前から映像を流しています。お使いの端末環境(映像、音声)をご確認ください。

 

 


ウェビナー会場

 

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

ジャクソン・ラボラトリー・ジャパン株式会社
営業部
TEL:045-474-9340
E-mail: ask@jax.or.jp


イベント一覧へ